Mr.&Mrs.ロビンのイギリス日記

イギリスを中心にヨーロッパ情報をInstagramと合わせて発信♪

【2023年12月】本場のクリスマスマーケットを巡る!ドイツ4泊5日旅①


こんにちはHAKUです。

11月末から12月の頭にドイツのミュンヘンとシュトゥットガルドへ

行ってきました。

世界三大クリスマスマーケットの1つであるシュトゥットガルドをメインに、

ドイツの観光スポットを巡ってきました!

 

 

1日目 空港→ミュンヘン

ミュンヘン空港から市内まではルフトハンザのバスを使いました。

電車でも行けるのですが、電車の方が時間がかかるのと、今回はスーツケースがあるので、バスにしました。

バス停はターミナル2あたりの外にありました。

バスのチケットはオンラインでも買えますが、運転手さんから直接買うこともできるそうです。(大人一人€11でした)


f:id:UK_Robin_Manchester:20240405024843j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405024847j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405024838j:image



▶ミュンヘンのクリスマスマーケット

ミュンヘンの観光地の一つである、マリエン広場がクリスマスマーケットになっていました。

平日の昼過ぎ位に行きましたが、既にまあまあ人がいて賑わっていました。

いろんなお店でソーセージなどが売られていたのですが、メニューに意外と英語表記が見当たらず、ドイツ語皆無なのでとりあえず目の前にある物を指さして英語で買いました(英語が通じるだけ助かりました・・・(笑))

後意外だったのがクレジットカードが使えないお店が多かったこと!

クリスマスマーケットという一時的な店舗だからか、ミュンヘンではほぼ現金のみでした。いかれるときは現金を持って行ってくださいね!


f:id:UK_Robin_Manchester:20240405024929j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405024938j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405024943j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405024925j:image



 

2日目 ノイシュバンシュタイン城ツアー

毎度おなじみ、Get Your Guideでノイシュバンシュタイン城バスツアーを手配しました。最初はいつも通り自力で行こうと調べていたのですが、電車だとミュンヘンから片道3時間くらいかかるので、さすがに手配しました。

集合場所には4台の二階建てバスが並んでおり、言語ごとにある程度固められるようで、私たちのバスには日本人が多いバスでした。

バスではイヤホンが配られ、座席にあるオーディオポートから言語別でガイドが聞けるようになっていました。基本ガイドさんは英語で説明してくれるので、英語が分かる人はイヤホンしなくても十分わかると思います。

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405025538j:image

 

▶リンダ―ホーフ城

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405025615j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405025619j:image

ツアーの最初はリンダーホーフ城。唯一完成した建築だそうです。

夏なら庭園も綺麗だと思いますが、既にドイツは雪国と化しているので通れないようになっており、見れませんでした。

ツアーは言語ごとに分けられており、見て回る時間は20分ほどですが内装は宮殿のようできらびやか!中では撮影禁止なのでその豪華さはぜひ実際に訪れてみてください♪

 

goo.gl

▶オーバーアマガウ

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405025657j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405025653j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405025649j:image

家や建物の壁にかわいい壁画があることで有名な街だそうです。

滞在時間30分と短かったのですが、クリスマスオーナメントのお店でお土産を買ったり、カフェでお昼をテイクアウトしたりと楽しく過ごせました。

 

▶ノイシュバンシュタイン城/シュワンガウ

ツアーの最後はお目当てのノイシュバンシュタイン城とシュワンガウでの昼食。

ノイシュバンシュタイン城は駐車場から離れた山頂の方にある上、入場の時間厳守ですので、時間に余裕を持っていく必要があります。

駐車場から城までのアクセスは3つ。

 

①徒歩(上り30~40分/下り20分ほど)

※Google Mapでは徒歩20分と出ますが、上りは坂道なので、30~40分ほどかかると思われます。ツアーで配られたガイドマップには40分と書かれていました。

 

②バス

麓から城を通り過ぎて、城から徒歩15分のフォトスポット地を往復しているバスがあります。駐車場近くのチケット売り場でチケットを購入できます。

ただ、今回の様に雪が積もっている場合は運休しているみたいなので、天気のいいシーズン以外に行かれる方は使えない可能性があります。

 

③馬車


f:id:UK_Robin_Manchester:20240405025825j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405025821j:image

麓から山の途中にあるお土産屋さんと宿舎のある所までを往復しています。

今回私たちはバスが運休していたので、上りのみ馬車で行きました。

片道8ユーロで、一度に8人くらい乗れました。

見た限り4台動いていたので、意外と並んでいてもすぐに乗れました。

 

 

▶フォトスポット

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405030105j:image

今回ノイシュバンシュタイン城のツアー時間まで時間があったので、城を見下ろせるフォトスポットに行くつもりが、雪が積もりすぎて封鎖になっていました…( ノД`)

雪が積もったきれいな城が見れると思いきやドイツの冬は想像以上でした(笑)

 

▶ノイシュバンシュタイン城

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405030048j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405030055j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405030100j:image

シンデレラ城のモデルとして有名なお城で、外観はまさにザ・お城といった美しいお城です。しかし、内装は途中までしか建築されていないので、ところどころの部屋に建築予定であった図面が飾られていました。

クリスマスホリデーに向けて修復をしていたのか、ところどころ修復中のお部屋がありました。

 

内装の豪華さは個人的にはリンダーホーフ城ですが、ノイシュバンシュタイン城はいたるところの壁におとぎ話のような壁画があって、物語の中に入ったような感覚になります。ちなみにこちらは電話型のオーディオガイドで聞きながら見て回ることが出来ます。

 

ミュンヘンで止まったホテル

▶アパートホテル アダージョ ミュンヘンシティ

maps.app.goo.gl

 

🔻Instagramも更新中🔻

@mr.robin_mrs.robin

遊びに来てね⭐️

 

 

【2023年12月】本場のクリスマスマーケットを巡る!ドイツ4泊5日旅②

こんにちは。HAKUです。

前回に引き続きドイツ旅行記です。

 

 

3日目 ミュンヘン→シュトュットガルド

高速列車のICEで移動。

ドイツでは自由席や指定席が内装で、この便では座席まで予約して乗りましたが、空いている席なら予約している人が来るまでは座っていても問題ないそうです。

 

▶ポルシェミュージアム
f:id:UK_Robin_Manchester:20240405030443j:image
f:id:UK_Robin_Manchester:20240405030622j:image
f:id:UK_Robin_Manchester:20240405030626j:image

ドイツといえば車が有名で、ベンツやポルシェ、BMWなどのミュージアムがあります。今回はポルシェミュージアムに行ってきました。(チケット大人一人10ユーロ)

f:id:UK_Robin_Manchester:20240405030515j:imageスマホのオーディオガイドを無料で貸し出してくれます。(オーディオガイドについているネックストラップは返却時にお土産として持って帰れます!) 

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417003321j:image
f:id:UK_Robin_Manchester:20240417003313j:image
f:id:UK_Robin_Manchester:20240417003316j:image

通常の車以外にも昔パトカーとして使われていたものや、レースのルールがまだ定まっていなかった時代に走っていたプロペラ付きの車など、

車に詳しくない私でも楽しく過ごせました♪

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417003406j:image実際に乗れるブースではポラロイド風の写真を撮ってくれるサービスがあったり、

レースシミュレーションのような体験型の展示もありました。

 

▶クリスマスマーケット

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002138j:image世界三大クリスマスマーケットの一つがこのシュトゥットガルトのマーケット。

4か所の広場がクリスマスマーケットになっているので、一体が丸々クリスマスマーケットの様になっています。

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417003457j:image
f:id:UK_Robin_Manchester:20240417003508j:image
f:id:UK_Robin_Manchester:20240417003504j:image

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは、お店の装飾コンペが行われているため、装飾の気合の入り方がすごい!!今まで見てきたクリスマスマーケットがシンプルに感じるくらいでした!

 

 

クリスマスマーケットグルメ紹介

たくさんお店がありすぎて何を食べたらいいのか分からなくなると思うので、

私のおすすめをご紹介します。

 

▶グリューワイン

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002222j:image

クリスマスマーケットといえばグリューワイン!

ド定番ではありますが、実はドイツではグリューワインの「白」があるんです!

個人的にお酒があまり得意ではないのですが、赤より白の方が飲みやすく、美味しかったです!他ではなかなか白のグリューワイン飲めないので、ぜひ飲んでみてください!

カップも持ち帰れるので、記念にもなります(ちなみにコップは返却したら3ユーロくらい返ってきます)

 

 

▶ブラートブルスト (Bratwurst)

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002311j:imageいわゆるホットドック的な、パンにソーセージが挟まっているものです。

ドイツのソーセージってなんであんなに美味しいんでしょうね?

3~4個くらいこの旅行中に食べました(笑)

ソーセージも種類があるのですが、白のソーセージはハーブ入りでおいしかったですよ。

 

▶シュピースブラーテン (Spieβbraten)

バンズに炒めた玉ねぎと豚が挟まっているハンバーガーのような食べ物です。

具材も少なくシンプルですが、美味しかったです!(写真撮り忘れました)

 

▶カリーブルスト (Currywurst)

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002441j:imageカレーがかかったソーセージです。

今回はマーケットではなく、4日目のシュタイフミュージアム内のカフェで食べましたが、マーケットでも食べている人多かったです!

 

▶フラムラックス(Flamlachs)

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002513j:image直火で焼いた鮭をフレーク状にほぐして、コールスローみたいな野菜と一緒にパンで挟んだ食べ物です。

お店にはスイスのマークがあったのでドイツの食べ物ではないのかもしれませんが毎日肉料理ばっかり食べていたので、久々の魚介は美味しかったです♪

 

▶シャンピニオン (Champignon)

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002544j:image

ボタンマッシュルームにクリーミーなガーリックソースをたっぷりかけた食べ物です。

もともとマッシュルームが好きというのもありますが、とにかくおいしい!

意外とこれを出しているお店が少なく感じましたが、隠れた逸品なのかも⁉(笑)

 

▶バウムシュトリーゼル (Baumstriezel)

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002621j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002612j:image

細いバームクーヘンのような形のパンみたいなお菓子です。

外はカリッと中はもちっとした触感で、美味しかったです♪

 

 

4日目 シュタイフミュージアム

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002645j:image

ミュンヘンとシュトゥットガルトの間あたりにある、ギーンゲンという町に、テディベアで有名なシュタイフのミュージアムがあります。

シュトゥットガルトからは乗り換え必須なので片道2時間くらいかかりますが、せっかくなので行ってきました。

 

しかし、朝から予約していた電車がキャンセルになり、予約のチケットにどの時間帯の電車でも乗れると記載があったので、とりあえず乗り換えの駅まで行く電車に飛び乗ったところ、予約していた電車と種類が違い車内でチケットを買いなおす羽目に…。

予約した電車と同じ種類の電車のみ時間帯気にせず乗れるという事でした。

長距離の電車の発着が全部同じところなので、皆さんもよく見て乗ってくださいね(笑)

 

結局乗り換え地のアーレンからギーンゲンまでの電車も予約していた時間帯はキャンセルになっていたので、1時間ほど後の電車に乗って昼前にようやく到着しました。

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002715j:image

ギーンゲンの駅からミュージアムまではクマの足跡を辿っていけば着きます♪

迷う心配ないので安心でした。

 

▶シュタイフミュージアム

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002750j:image

到着した時にはここは日本か?と言うくらいお土産も買い終えた日本人しかおらず、(おそらくバスツアーで来られていた方々)電車もキャンセルばかりだったからか昼前でもあまりお客さんが今ませんでした。


f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002844j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002839j:image

ミュージアム内は言語によって案内されるので、最初の部屋に入るまで5分ほど待ちましたが、同じ時間に他の日本人がいなかったので、貸し切り状態でほぼ回れました。


f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002939j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002945j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002935j:image

シュタイフのぬいぐるみを使ったストーリー仕立てのエリアを抜けると実際に乗れるゾウや馬などの巨大なぬいぐるみや、シュタイフの歴史、ぬいぐるみのつくり方などが知ることが出来るエリアにつきます。

f:id:UK_Robin_Manchester:20240417002952j:image

ちなみに2階から1階へはまあまあ急な蛇の滑り台で降りました(笑)

 

金土日だけミュージアムの隣にあるアウトレットショップでも買い物ができるので、

アウトレットも見たい方は、週末に行くのをお勧めします!

今回はアウトレットでクマのぬいぐるみと、甥っ子用に子供服を購入しました。

 

シュトゥットガルトで宿泊したホテル

▶Mirage City Hotel Stuttgart Zentrum Hbf

maps.app.goo.gl

 

【いろんなところに行き放題⁉】National Trustに加入してみました

皆さんこんにちは。Hakuです。

年末年始とバタバタしており、最近放置気味になっていましたが、

2024年も引き続きよろしくお願いします。

 

今回は去年の夏くらいに加入した「National Trust(ナショナル・トラスト)」についてご紹介します。

National Trustは、イギリスに存在する非営利団体で、

自然環境と歴史的な遺産を保護し、一般の人々に楽しむ機会を提供するといたものです。会員に入るとNational Trustの施設を無料で利用することが出来ます!

 

National Trustに加入するメリット

1.無制限のアクセス
  1. National Trustのメンバーは、イギリス全国のNational Trustの駐車場や入場料等を無料で利用することが出来ます。美しい庭園、歴史的な建物、海岸線、自然保護地域などが見放題!
  2. しかも、去年の夏に行ったストーンヘンジなどの世界遺産もNational Trustメンバーなら無料になるところもあるので、とてもお得なんです!
2.歴史と文化の発見
  1. National Trustの所有する建物や遺産は、イギリスの歴史と文化を深く理解する絶好の機会!
  2. National Trustの中には数世紀前に建てられた建物もあり、その歴史に触れることができます。
  3. 意外とNational Trustって入場料が高かったりするので、加入していると「無料ならば!」と週末のお出かけ先として行きやすくなるので、イギリスの歴史・文化に触れやすくなります。
  4.  
3.美しい自然環境
  1. National Trustは自然保護地域を多く所有しており、美しい自然環境を楽しむことができます。
  2. ハイキング、ピクニック、鳥観察、自然写真撮影など、アウトドア派にとって楽しいアクティビティがたくさん!
  3. 私自身「ハイキングに行こう!」と日本ではなかなか思いませんでしたが、景色が美しいのでイギリスに来てから行くようになりました。
  4.  
4.イベントとアクティビティ
  1. National Trustでは、年間を通じてさまざまなイベントやアクティビティが開催されています。
  2. 家族で楽しめるワークショップ、コンサート、祭りなどがあるので、家族連れでも十分楽しむことが出来ますよ♪
5.貢献
  1. National Trustのメンバーシップ料金は、団体の遺産保護活動を支えるために使われます。
  2. なので、National Trustのメンバーシップに加入する=貴重な歴史と自然の保存に貢献する手助けになっているのです。

入会費

National Trustのメンバーシップにはさまざまなオプションがあり、個人会員、家族会員、年齢に応じた料金設定などがあります。

1. Joint

2. Family

3. Individual

4. Lifetime

 

イギリスでは25歳までの区切りがあるので、25歳以下なら夫婦(Joint)で入るより、Individualで入った方が安く済むので、今回私は夫婦別々で加入しました。

 

皆さんも是非、National Trustのメンバーシップを検討してみてください。

 

ちなみに、以前ご紹介したピーターラビットの作者の家「Hill Top」もNational Trustの会員になれば無料で入れますよ♪

uk-robin-manchester.hatenablog.com

 

 

🔻Instagramも更新中🔻

@mr.robin_mrs.robin

遊びに来てね⭐️

【2023年8月】世界一美食の街⁉スペインバスク地方2泊3日の旅 ②

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173840j:image

こんにちは。HAKUです。

前回に引き続きスペインバスク地方旅行記です。

 

 

2日目にビルバオから世界一美食の街と言われているサン・セバスチャンへ移動。

そもそもなぜサン・セバスチャンが世界一美食の街なのかというと、人口18万人という小さな街に対し、ミシュラン3つ星レストランが3件もあるからです!

しかも、ミシュランガイドに掲載されているレストラン数は約20件

それくらいおいしい食事があふれている街なんです。

 

▶ラ・コンチャ・ビーチ

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173915j:image

北部は天気が崩れやすく、小雨が降ったりやんだりでしたが、有名なラコンチャビーチへ。本来は透き通ったきれいな海らしいのですが、天候が悪く残念ながら見ることはできませんでした。

 

▶Astelena

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173937j:image

今月結婚1年記念なので、少し早いお祝いディナーをこちらで予約しました。

午後の開店が20:30からでしたが、ほぼ予約客でいっぱいでした。

どれもおいしそうで迷っていたのですが、「2人には多いと思う」等アドバイスをくれるので、ちょうどいい量を頼むことが出来ました。日本にはない「HAKE」という白身の魚が有名なんだそうで、アサリと一緒にスチームされたメニューを頼みました!

 

ここではまったのが「Fish Soup」(写真3枚目↓)!めちゃくちゃ美味しかったです🤤

ブイヤベースみたいな感じのスープで、濃厚でトロっとしていて何杯でも飲める美味しさでした。

サン・セバスチャンはバスクチーズケーキの発祥地なので、ホームメイドチーズケーキもちゃっかり頼みました。表面がキャラメリゼされている、クリームブリュレみたいなチーズケーキでとても美味しかったです。


f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174049j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174054j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174037j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174032j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174041j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174045j:image

 

3日目 サンセバスチャン→帰国

フライトは22:30で、ホテルのチェックアウトも12:00まで、空港へのバスは19:00にしていたので、3日目はのんびりプランに。

 

▶La Viña

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174115j:image

ホテルの周辺にたくさんお店があるので、朝食はホテルでは食べず、バスクチーズケーキを広めたとされる「La Viña」でチーズケーキを食べる予定にしていました。

しかし、Google Mapでは10:30から開店のところ、お店が開いておらず、公式HPには11:00からになっていたので、それまで周辺を散策。

なのに時間になってお店に戻るとなんとシャッターが閉まっている‼ 

 

近くのお店の業者さんみたいなおじさんが「mañana!(明日)」と教えてくれて、とにかく今日は閉まっているとのこと。

有名なお店なので、チーズケーキが売り切れることもあると事前にリサーチしていたので、朝に食べに行けば大丈夫だろうと思っていたのが仇になりました。

(前日に行っておけばよかった…( ノД`))

 

▶Pasteleria Otaegui

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174248j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174243j:image

La Viñaで朝ご飯を食べられなかったので、急遽老舗のケーキ屋さんでチーズケーキを調達し、ホテルで食べることにしました。

ここは隠れた名店とされており、その美味しさからスペイン王室ご用達のスイーツショップだったらしいです。

イートインは無いので、木のフォーク付きでトトロの小包風に包んでくれます。


f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174323j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174343j:image

チーズケーキはエアリーで重すぎない触感で、甘くて美味しかったです。

Otaeguiオリジナルのパンチネータ(写真内手前)というカスタードクリームパイみたいなのもとても美味しかったです!

 

▶granel

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174435j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174429j:image

スパイスの量り売りが出来るお店で、常連客とみられる客さんがコンスタントに来ていました。

昆布や小豆なんかも売っていましたが、綺麗な色のハチミツを購入しました。

 

▶Bodegon Alejandro

人気でおいしいバルがたくさんん旧市街にあるので、ホテルの人に事前におすすめを聞いていたのですが、人の多さと忙しなさに戦き、歩き疲れもあってバル巡りは断念。

レストランに入りました。(そもそも立ち飲みとか向いてないタイプ(笑))

 

ここはミシュランの星はついていないけれど、「ミシュランプレート」(ミシュランの基準を満たした料理)を出すレベルの高いお店で、ミシュランガイドにも載っています。

ドレスコードもないし、気軽に入りやすいレストランでした。

 

味は言うまでもなく絶品。ここでも「Fish Soup」があったので前菜に頼みました。

こちらのスープは前日のAstelenaよりさらっとしていてよりスープ感がありました。

(これに関してはAstelenaの方が好みでしたが、こちらも十分美味しかったです)

 

最後に木箱の引き出しに入った小さいお菓子が来るので、デザートを頼まなくても十分堪能できました。


f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174647j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174655j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174642j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174652j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174659j:image

 

▶サン・セバスチャン水族館

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174850j:image

風も雨も強くなってきたので、とりあえず室内で時間をつぶせるところへ。

こじんまりとした水族館で、前半はサン・セバスチャンの貿易や海関連の歴史の展示になっており、後半が水族館になっていました。

平日でしたが、やはり天候のせいかチケット列も少し並びました。(大人1人€14)


f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174939j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174936j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174943j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815174950j:image

 

 

▶Donostiako Bus Geltokia

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815175121j:image

ビルバオからサン・セバスチャンにバスで来た時と同じ場所から出発します。

Google 等でサン・セバスチャンからビルバオ空港を調べても直通のバスが出てこなかったのですが、PESAのサイトで見つけて事前に予約していました。(大人一人17€)

(Origin→Donostia-San sebastian/destination→Aeropuerto Bilbaoを選んでください)

前日とは違い、座席が決まっていないので、隣同士や近くに座りたい場合は早めに並んだ方がいいです。

 

ちなみにここには海外にしては珍しくロッカーがあるので、私たちはホテルチェックアウト後一度荷物を預けに来ています。(24hで€6くらいだったと思います。)

ただロッカーのサイズがワンサイズなので、大きいスーツケースなどは入らないかもしれません(;'∀')

私たちはバッグパック×2とバストンバッグ1つを同じロッカーにいれて預けられました。

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815175045j:image

バスの予定時刻までは同じフロアにあるバルで軽食を食べて過ごすこともできますよ。

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815175105j:image

goo.gl

サンセバスチャンで宿泊したホテル

▶Central Roomss

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815175148j:image

広場の周辺に位置するホテルで周辺にも飲食店がたくさんあります。

ホテルといっても、ゲストハウスみたいな感じで、住居の一部をホテルに改築した感じのつくりでした。

また、スペインの夜は遅くまで外で飲んでいる人が多いですが、防音もしっかりされているのでうるさいとは感じませんでした。

立地もよくお部屋もきれいでしたが、ドライヤーがなくそこだけが残念でした。

(聞いたら貸してくれたりするのかもしれませんが、フロントに誰もいなくて聞けずじまいでした)

 

今回購入したお土産


f:id:UK_Robin_Manchester:20230815175216j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815175211j:image

今回は預け荷物を帰りだけ追加したので、ワイン×2本、オリーブオイル1本に加え、空港のDuty Freeでサングリアを2本、シードル1本の計6本も瓶を持って帰ってきました。

空港外で買ったワインたちは、ビルバオで厚底のコンバースを買ったので(足が痛くなって靴を変えたかったもので…(笑))その箱に入れて無事割れずに持って帰ってくることが出来ました。

お酒以外にも、イビサの塩や海鮮の缶詰、チーズ等を買いました。

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815175242j:image

やはり美食の街からおいしいものを買って帰らずにはいられませんでした(笑)

 

🔻Instagramも更新中🔻

@mr.robin_mrs.robin

遊びに来てね⭐️

 

 

【2023年8月】世界一美食の街⁉スペインバスク地方2泊3日の旅 ①

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172057j:image

こんにちはHAKUです。

8月の頭にスペインのバスク地方にあるビルバオと

サン・セバスチャンに行ってきました。

昔、石原さとみさんがテレビで行っているのを見てからずっと気になっていて、

今回ようやく行くことが出来ました!

 

 

1日目 ビルバオ

10:30amくらいに空港へ着き、空港の右端にあるバスのチケットブースで市内までのチケットを購入し乗車しました。(1人€3)

ついた時点ではあいにくの小雨だったので、グッゲンハイム美術館の近くのバス停で降車し、ホテルに荷物を預けてから観光することに。

(本来15時からチェックインなのですが、部屋の準備が出来ているとそのままチェックインできました。)

 

▶Sombreros Gorostiaga

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172513j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172519j:image

バスク地方といえば「バスクベレー帽」の発祥地!

石原さとみさんも爆買いされていたお店で私も購入しました♡

ベレー帽は€23.50、主人が買ったハンチングベレー帽は€42.90でした。

ハンチングの方はウォータープルーフとのこと。

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172536j:image

 

お店自体は小さいので、商品自体もあまりおいてありません。

カウンター越しに店員さんにどの帽子が見たいかを伝えると、カラー表を出してくれるので、その中から選んで試着→購入という感じでした!

goo.gl

 

▶Erribera merkatua

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172602j:image

行こうとしていたバルが臨時休業だったので、急遽見つけたバルのフードコートみたいなところで昼食に。

今回はVermutekaというすべて€2.20のところと、me tienes frirというお肉系のピンチョスで調達しました。

goo.gl

▶ビルバオ グッゲンハイム美術館

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172636j:image

有名な犬やクモのモニュメントが外周にある近代美術館。


f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172710j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172706j:image

たまたま草間彌生さんの展示がされていて、見ごたえがありました。


f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172747j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172742j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172755j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172751j:image

 

チケットは大人一人€18で、当日のチケット列は長蛇の列でした。

事前に公式サイトからチケットを予約すると大人一人€16なので、事前購入がおすすめです。

 

中に入ると既定のサイズからはみ出す鞄や紙袋などはすべて、預けないといけないので、チケットカウンター横のところで預けて番号札をもらいました。

 

オーディオガイドは、それぞれのブース前あたりの壁にあるQRコードを読み取って、WEBサイトから再生する形でした。イヤホンをホテルにおいてきてしまい、今回は使いませんでしたが、聞きたい方はイヤホン持っていくことをお勧めします。

(※オーディオに日本語はありませんでした)


f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173756j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173800p:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815172830p:image

 

草間彌生さんが2020年に作られた光の空間アート「Infinity Mirrored Room」は、整理券性となっていて、並び列にある看板からQRコードを読み取って順番待ちという感じでした。

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173151j:image

目安の待ち時間が書いてあるのですが、まちがってSafariアプリを消したりしてしまうと整理券が表示できなくて再取得になるのでご注意ください。同行者に「Share with your party」からURL共有しておくと安心ですよ。

 

▶Mio Basque Urban Food

グッゲンハイム美術館を後にし、ホテルでしばし休憩をしているときに予約しておいたレストランへ。

王道の生ハムや、コロッケはもちろんですが、マグロとアボカドの漬け燻製みたいな料理や、イカ墨のリゾット、ビルバオの郷土料理のタラの塩漬けとPil Pilソースを頼みました。美食の街として有名なのは2日目に行くサン・セバスチャンなのですが、ビルバオの普通のレストランでもこの美味しさとは、恐るべしバスク地方…。(イカ墨リゾットだけ撮り忘れました笑)

goo.gl

ビルバオ宿泊ホテル

▶Hesperia Bilbao

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173432j:image

外観がカラフルでかわいいホテルでした。

朝食はよくあるスペインのホテルと大差はありませんでしたが、旧市街も美術館もどこへ行くにしても徒歩圏内で立地が良かったです。

 

2日目 ビルバオ→サン・セバスチャン

13:30にビルバオからサン・セバスチャン行のバスを予約していたので、午前中はお土産探しにデパート「EL Corte Ingres」へ。

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173539j:image

6Fにワインなどのセルクトショップで店員さんおすすめのワイン(€45くらい)を1本と、スーパーでお土産のオイルサーディンなどの缶詰や、生ハム味のプリングルスなどを大量に購入しました。

いつもはバッグパック1つだけなのですが、今回は帰りだけ預け荷物にボストンバッグを追加しているので、買い込みまくりました(笑)

 

▶Mettxa Restaurante

バスターミナルまでの道中で軽く昼食。

朝ご飯をしっかり食べたので、あまりお腹が空いておらず、サンドとホタテのグラタンのピンチョスをオーダー。この日は暑かったのでせっかくなら、有名なシードル(果実酒)でもと思いオーダーしたつもりが全然違うアルコール度数高そうな赤ワインが出てきてしまいました(笑)

(もともとあまりお酒が飲めない私は少しだけ飲んで終了でした)

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173517j:image

goo.gl

▶Bilbao Intermodal

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173554j:image

真っ赤な目立つ建物で、カフェなども併設されていました。

乗り場自体は地下なので、改札を通って下に降りたら番号が書かれた看板が並ぶターミナルにつきます。

モニターにバス会社とゲート番号、出発時間がかかれているので、該当のものをみてゲートに移動する感じです。


f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173632j:image

f:id:UK_Robin_Manchester:20230815173636j:image

バス会社が二つあり、本数は多いけれど高いPESAと本数は少ないけれど安いALSAがあります。

今回はALSAで予約をしていたのですが、モニターにALSAのサン・セバスチャン行きが見当たらず、とりあえず同じ時刻に表示されていたサン・セバスチャン行(※表示は現地の言葉でサン・セバスチャンはDonostiaになっています)のゲートに並ぶと案の定違うとのこと。

ALSAの場合は「IRUN」という地が最終目的地になっているため、サン・セバスチャン(Donostia)ではなく、IRUNとモニターに表示されると教えてもらいました。

さらに、どうやらバスが遅れていたため、モニターにも表示されるのが遅れていたようでした。(ややこしい…)

 

何はともあれ無事に乗れてよかったです。

次回はサン・セバスチャン!パート②もお楽しみに♪

 

🔻Instagramも更新中🔻

@mr.robin_mrs.robin

遊びに来てね⭐️

 

 

 

 

 

 

【イギリスでも食べれる!】イギリスでたらこを手に入れる方法

 

f:id:UK_Robin_Manchester:20231031015933j:image

イギリスに住んでいると、なかなか食べられない日本食・日本食材があります。でもどうしても食べたくなる時ってありますよね!

私の好物のたらこもそのうちの一つですが、イギリスでもたらこを手に入れる方法を見つけたので紹介しようと思います♪

 

1. 日本食材専門店を訪れる

イギリスには日本食材専門店がいくつかあります。ロンドンなどの大都市に住んでいる場合、近くの日本食材店でたらこを見つけることができるかもしれません。東京ミートショップやジャパンセンターなど、専門店ではたらこを含む多くの日本食材が豊富に販売されています。

2. オンラインショップを利用する

最近ではイギリスでたらこを手に入れることができるオンラインショップも増えてきました。例えば、Japan Centre OnlineやThe Japan Storeなど、日本の食材をオンラインで購入できるサイトがあります。オンラインショッピングを通じて、たらこの種類やブランドを選ぶことも可能です。

3. アジア食材店を探す

アジア食材店や中国食材店で、たらこを見つけることができることがあります。

たらこは他のアジア料理にも使われているので、これらの店舗で手に入る可能性が高いですが、必ずしも売っているとは限らないので地道に近くのアジアスーパーを開拓していく必要があります。

4. オンラインマーケットプレイスを活用する

オンラインマーケットプレイスサイト(例: Amazon)でも、たらこを購入できることがあります。

さまざまな販売業者がたらこを提供しており、価格や種類を比較して選ぶことができます。

レビューを見てよさそうなのを試してみたください。

5.ローカルスーパーで手に入れる

大型のTescoやSainsbury'sで生のたらこではなく、ブロック状に固められているたらこ間が売っています。ほぐしてたらこパスタやチャーハンなどにすると普通においしくて一番コスパがいいのはこのたらこ缶です。ただ、売っていない店舗も多いので、見つけるまでが難しいかもしれません(笑)

f:id:UK_Robin_Manchester:20231031015559j:image

ただ、風味はそこまで強くないので、レシピ量より多めに使うといい感じになります。

あと、火を入れすぎると風味が飛んじゃうので、我が家ではソースにして、最後に軽く混ぜ合わせて、たらこパスタや、タラモサラダにしてみました。

久々のたらこ料理美味しかったです😋

 

皆さんも日本食材専門店やオンラインショップ、アジア食材店、オンラインマーケットプレイス、ローカルスーパーを活用して、お好みのたらこを見つけてくださいね♪

 

🔻Instagramも更新中🔻

@mr.robin_mrs.robin

遊びに来てね⭐️

 

【QOL爆上がり‼】ミートスライサーのある海外生活

 

こんにちは。HAKUです。

イギリスにきてから地味に困ったのが、日本の様に安価でおいしい薄切り肉が手に入らないということです。

アジア系のスーパーでは売っていますが、(400gで£6くらい)近所にあるわけではないので、基本的に行くのは現地スーパー。となれば手軽さが圧倒的に違います。

今回はそんな悩みを解決してくれた「ミートスライサー」のメリット・デメリットを含めてご紹介します。

 

 

ミートスライサー紹介

UKのAmazonで購入したOSTBAのミートスライサー。

分厚さも変えられるし、手入れがめんどくさいかと思いきや簡単!

これがあるだけでQOL爆上がりました。

最初はうまくスライスできない時もありましたが、コツをつかめば3回目くらいからお店においてあるお肉みたいにできました。

f:id:UK_Robin_Manchester:20230831180656j:image

 

 

https://www.amazon.co.uk/Protection-Removable-Stainless-Adjustable-Thickness/dp/B07YQYDTXR

 

ミートスライサーのメリット

①一食分に対するお肉の消費量

こちらのスーパーでお肉を買おうと思うとステーキ肉くらいの分厚さのものがほとんどです。ほかの食材を合わせてボリュームを出すという戦法がとりずらく、ほぼお肉メインの料理になり、一度に使うお肉の量が必然的に増えます。

一方で薄切り肉だと、野菜と合わせたりしやすいので、バリエーションも多くなるし、一度に対するお肉の消費量が少なくて済みます。

②料理の幅が広がる

日本食に使われているお肉のほとんどは、薄切り肉。牛丼や豚キムチ、肉巻きポテトなど薄切り肉があるだけで作れる料理の幅が広がります。

③節約になる

ミートスライサーを使うので基本ブロック肉をコストコで購入しています。ミートスライサーが無いときはステーキくらいの厚さのお肉を買っていたのですが、やはりKg単価比が圧倒的にブロック肉の方が安く済みます。また冷凍保存で3週間分くらい持つのでお肉の買い出し回数も減りました。

 

ミートスライサーのデメリット

①一度お肉を凍らせないといけない

お肉を買って帰ってきてからすぐにスライスが出来ません。厳密にいうとスライスはできますが綺麗に切れません。一度凍らして、少し解凍したくらいが一番きれいに薄切りが出来ます。

②場所をとる

幸い我が家のキッチンには置くスペースが取れたので良かったですが、結構大きいのでまあまあの場所を取ります。使用頻度的には3週間に1度くらいなので、使うときにだけ出すというのでもありだと思います。

 

ミートスライサーどんな人におすすめ?

駐在者の中には単身の方もいらっしゃると思うので、全員が全員買った方がいい!とまでは思いません。自炊をあまりしない方や、薄切り肉なくても全然大丈夫!なんて方はたまにアジアスーパーで薄切り肉買う程度で事足りると思います。

自炊する人や、海外でも日本食を作りたい!って方は断然ミートスライサーとブロック肉を買う方がコスパ良いと思います。

 

ミートスライサーが無いときの対処法

これはミートスライサーを買うまでに凌いでいた方法なのですが、unsmokedのベーコンを豚バラの代わりにしていました。これが現地のスーパーで買える一番薄い肉で、分厚さ的には生姜焼きくらいの厚さです。これを切って野菜といためたりしていました!

f:id:UK_Robin_Manchester:20230831181118j:image

 

イギリス生活で薄切り肉が恋しくなったら、ミートスライサーの購入を検討してみてください(*^^*)

 

🔻Instagramも更新中🔻

@mr.robin_mrs.robin

遊びに来てね⭐️